辞めるならフリーランスも検討して転職理由を解決

転職を考える理由は?

フリーランスも検討してみる

フリーランスになるということ

フリーランスになるということは、もう誰からも雇われないで働くことを意味しています。全てにおいて自己責任になるので、気楽な面もあれば当然大変な面もあります。しかし、能力があれば会社員時代よりもはるかに収入を増やすことができる可能性が開けます。また、同僚や上司はいないので、人間関係の煩わしさからは解放されます。やればやっただけ自分の利益になるので、頑張った分だけやりがいも大きくなります。そういう意味では、フリーランスとしての仕事を定着させることさえできれば、様々な悩みを一気に解決できる方法にもなります。
しかし、会社員の安定感に比べると、やはりフリーランスの方が不安定なところがあるのは否めません。仕事があれば稼げますが、なければ当然無収入です。仕事とプライベートを都合よくコントロールしやすい反面、境界線があいまいになってしまうなど、フリーランスのメリットとデメリットは紙一重でもあります。しかし、ある方法を用いれば、フリーランスとしての活動がスムーズにできるようになります。
その方法とは、フリーランス専門のエージェント活用です。そこで、初めてフリーランスに挑戦する人におすすめのエージェントを2社ご紹介します。

エンジニアならレバテックフリーランス

IT系エンジニアとしての技術や経験があるなら、数多くのフリーランス向け案件を保有している「レバテックフリーランス」に相談してみてはいかがでしょうか。フリーランスになるか転職かで迷っているならまずは相談してみることをおすすめします。

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

(引用元;レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス 現在フリーランスとして活動している人はもちろんのこと、これからなろうと考えている人なども、今後のことを無料で相談できます。

クリエイターも検討するならキャリアップス

フリーランスのクリエイターに関心がある人には、フリーランスのエンジニアやクリエイター向け案件紹介サイトの「キャリアップス」をおすすめします。キャリアップスでは、IT系では多いエンジニア関係の案件だけでなくクリエイターの案件にも力を入れているので、その道を目指す人ならぜひ利用したいサイトです。

単なる案件サイトとの大きな違いは「エンジニア、クリエイターさんの希望条件起点」と言うのが最大の特徴です。

(引用元:キャリアップス)

キャリアップス クリエイターの負担を最小限にするために出張面談も実施しているなど、利用者の側に立って考えられたサポートが魅力です。

ページの先頭に戻る